PCBは正しく処理する|危険な廃油を見極める

科学

企業がやるべき処理

グラフ

毒性の高いPCBは処理しなければならない。これを処理すると言う事は人命を守ることであり、社会を健全なものにするということを実現することなのだ。その多くは廃油の形で発見されるだろう。廃油の状態でも蒸発し続けるのでやがて重大な健康被害を引き起こす恐れがある。直ぐに処理するべきだ。

詳細を読む

有害物質の現状

グラフ

電子機器の中で絶縁油を使用しているものは注意が必要だ。それにはPCBが使われているかもしれない。この毒物を処理することは急務である。PCBはその管理のずさんさも相まって世界中に広まってしまった。廃油の形でPCBを発見することも多いだろうが、そうなった場合は一刻も早い対処が必要だ。

詳細を読む

健康被害をもたらす物質

マイクロバブルで処理効率をアップさせませんか?コストカットも実現できますよ。汚水処理でお悩みの方はぜひ導入してみませんか?

拡散しているもの

科学

昭和の時代は公害が多くありました。カネミ油症事件というものもその一つです。この事件では、工場で使用していたPCBという油が製品である食用油と混ざってしまったことによって引き起こされました。その被害は1万4000人に及び、多くの健康被害を引き起こしました。 この事を受け、国は1973年にPCB使用についての法律をつくり、その2年後に施行しました。 しかし既にPCBは工場だけでなく様々な電子機器を初めとした多くの製品に使われていたため、その拡散を止めることはできませんでした。 現在でも様々なPCBを使用したものが使われていると見られています。これらの処理を行うことは重大な健康被害を起こさないためにも必要なことなのです。

やらなければならない事

様々な機械に使われたPCBは廃油となって多く残されてしまいました。この廃油はすぐさま処理業者へ依頼して処分して貰わなければなりません。常温で気化してしまうため、環境汚染を引き起こしているためです。 管理体制の甘い工場や法令を軽視している現場では特に気をつけなくてはならないことなのです。もしその油が食品に混ざってしまったら多くの悲劇が起こってしまうでしょう。食品が無くてもその廃油の周囲に居るだけで疾患を引き起こしてしまう可能性もあるのです。 目に見えないものというのは警戒心が無くなるものです。しかしそれを理解し対処するのが人間の理性なのです。責任者はこのPCBの廃油をしっかりと有害物質であると自覚しなければいけません。

部品をしっかり洗浄するためにバイオサークルを導入してみませんか。多くの工場で導入されている洗浄設備です。

放置してはならないもの

PC

PCBという有毒な油は環境ホルモンの疑いをもつ。環境ホルモンは生物の生理的な働きを狂わせて様々な症状を引き起こす。廃油としての形態をとるPCBは多い。これはその冷却油としての性能が高いためだ。この毒は生物にとっての害なので世界的な問題である。世界として取り組めば将来的には解決が見込まれるものだ。

詳細を読む